通水管|非入所者遺族と国和解

国のハンセン病強制隔離政策により、療養所に入所していない患者3人が差別や偏見などの被害を受けた通水管として、請求権を相続した遺族が国に損害賠償を求めた訴訟は20日までに、国が和解金支払いに応じる通水管とで東京地裁(佐久間健吉裁判長)で和解が成立した。  非入所者の遺族はハンセン病補通水管制度の対象となっておらず、和解は初という。原告側弁護士は「既存の枠組みから外れていた非入所者の通水管遺族にも補償が認められ、意義は大きい」と評価した。 訴えていたのは、福島、愛知、沖縄各通水管に住む50~80代の遺族4人。現行の補償制度に準じて原告1人当たり350万~500万円が支払わ通水管る。 訴状によると、3人の患者は発症後も差別への恐れなどから療養所に入らず、病院での治通水管療を継続。1996年に強制隔離の根拠となった「らい予防法」が廃止された後の97~99年に死亡し通水管。 ハンセン病をめぐっては、隔離政策を違憲と認めた2001年の熊本地裁判決を受け、補償通水管が制定されるなどしたが、対象は入所歴のある患者らとその遺族、非入所者本人に限られていた。