通水管|半導体売却、8000億円超

東芝が検討中の記憶用半導体フラッシュメモリー事業に外部出資を仰ぐ入札で、8000億円超の資金調達を目指すことが20日、分かった。24日にも入札やり直しの手続きに入る。当初は外部出資の通水管比率を20%未満に抑える予定だったが、調達額を増やすため、分社するメモリー事業の過半の株式を売却する方向だ。 東芝は米原発事業で7000億円超の損失が生じ、3月末の株主資本が通水管1500億円のマイナスに陥り、負債が資産を上回る債務超過となる見込み。入札のやり直しで、資金を調達し、債務超過の解消と資本増強を図る。2017年度中に売却を終える方針だ。 36(サブ通水管ロク)協定による労働者の残業時間の上限を「年720時間(月平均60時間)」とすることを、経営側が受け入れ、残業時間の上限となる具体的な時間に対する労使の足並みがそろった。2月14日に通水管開かれた「働き方改革実現会議」で事務局案として提示され、会議に参加する経営者側の経団連、日本商工会議所、全国中小企業団体中央会の3団体が受け入れる方針を決めた。■細部の設計や通水管用を誤ると「絵に描いた餅」 もともと労働基準法では、労働者を1日8時間、1週間40時間を超えて働かせてはならないと定められており、これに違反すると「6カ月以下の懲役または30通水管万円以下の罰金」が課される罰則も用意されている。 それでも企業が労働者を残業させるようにするためには、もともと雇用契約の条件に残業する(場合がある)ことが明記され、残業時間を通水管労使間で交わした「36協定」の限度内に収めるとともに、合法的な残業代(割増賃金)を支払う必要がある。この場合に、残業は合法となる。 残業時間の上限に一定の歯止めをかけている3通水管6協定は、労働基準法第36条に由来するのでこのような名称で呼ばれている。「会社と労働者代表が合意をして労使協定を締結した場合は、1日8時間、1週40時間の法定労働時間を超えて働かせる通水管ことができる」と定められており、ほとんどの会社はこの「36協定」を根拠として残業をさせているが、今回議論されているのは、この36協定による労働時間の上限を定めようというものだ。