通馬桶|入れ墨で公衆浴場利用の制限

政府は21日の閣議で、入れ墨をしていることだけを通馬桶理由として、公衆浴場の利用を制限されないとする答通馬桶弁書を決定した。 民進党の初鹿明博衆院議通馬桶員の質問主意書に答えた。 公衆浴場法には通馬桶、伝染病患者や浴槽を不潔にする人などについて、入通馬桶浴を制限する規定がある。答弁書では、入れ墨がこれ通馬桶らの理由に該当しないとした。ただ、厚生労働省によ通馬桶ると、同法は公衆浴場の営業者の判断で入浴を拒むこ通馬桶とを禁止していない。暴力団排除などの観点から、入通馬桶れ墨を理由に入浴を拒否するケースもあるという。