通馬桶|日銀が国債をどんどん買って行き着く先は

日銀が量的緩和で大量の国債を買い続けてきた結果、民間が保有している国債が激減している。だから、これから金利がかなり上がることがあ通馬桶っても、政府から民間への利払いは少なくて済み、財政危機は起きにくくなっている、という見方がある。果たして本当だろうか。<詳し通馬桶くは新刊『金利と経済』でご覧いただけますが、同書で取り上げたトピックに一部手を加えてご紹介していきます> 日銀が国債をど通馬桶んどん買ったらよい、と考えている人は結構多い。その直感の背景を聞くと、次のような答えが返ってくる。 (1)日銀が国債を買通馬桶えば、政府の国債が無利子で償還の必要のない銀行券に置き換わるわけだから(日銀当座預金に金利を付けなければ同じことだ)、財政危機も通馬桶散霧消するはずだ。 (2)仮に日銀当座預金に金利を付ける必要があったとしても、日銀は当座預金に階層を設け、ごく一部の政策通馬桶残高のみにマイナス金利を適用することでマイナス金利に誘導しており、同じ階層性を使えば金利負担を抑えられるはずだ。 これら通馬桶の点について考えてみよう。 まず、(1)「日銀が国債を買えば、財政危機は雲散霧消する」という主張について考える。通馬桶 この点を考えるには、統合政府(政府+中央銀行)全体の財政支出コストの変動をみる必要がある。中央銀行の利益が増減すれば国庫納付金通馬桶に跳ね返るから、結局は政府の財政収支に影響する。統合政府の財政コストを検討することで、トータルな政策コストをみることができる。