通馬桶|対トランプ米大統領政策 

「メキシコを敵視する米国からトウモロコシを買うなんて、ばかげている」【よく売れる】メキシコ革命で米国と戦った英雄がトランプ氏を罵倒するTシャツ通馬桶 そう憤慨するのは、日本に次ぐ米国産トウモロコシの輸入国、メキシコのアルマンド・リオス上院議員(43)だ。毎日新聞の取材に16日、輸入先をカナダや通馬桶オーストラリアで代替する法案を近く議会に提出することを明らかにした。 メキシコは米国から年間23億ドル(約2600億円)のトウモロコシを輸入する通馬桶。輸入量が減少すれば価格は下落し、米中西部アイオワ州などの農家を直撃する。トランプ米大統領の支持基盤と重なっている。 トランプ氏はメキシコを「米通馬桶国で仕事を奪い、不公正な貿易をしている」と批判し、メキシコに工場を移転した米国企業の製品などに「国境税」を課すと脅している。トランプ氏の「ツイッター攻撃通馬桶」を受けた米自動車大手フォード・モーターはメキシコ工場建設を取りやめると発表した。メキシコの輸出額の8割は米国向け。特に自動車関連がメキシコ経済を支えて通馬桶きただけに、死活問題だ。 だが、メキシコ政府は米国に屈しない覚悟を固めたようだ。相応の経済損失もいとわないという決意だ。経済省はトランプ氏を支持通馬桶する米議員の地元からメキシコに輸出されている産品のリストを作成した。「国境税」が導入された場合、ピンポイントで報復するためだ。例えば、米下院議長のポール通馬桶・ライアン氏(共和党)の地元ウィスコンシン州はチーズなどの乳製品をメキシコに輸出している。 メキシコのペニャニエト大統領は、日米首脳会談(今月1通馬桶0日)で「蜜月」を演出した日本とは対照的に、トランプ氏が要求した国境沿いの壁建設費用の支払いを拒否し、1月末に予定された首脳会談はキャンセルとなった。