通水管|ゴーン氏が社長退任

日産自動車は23日、4月1日付でカルロス・ゴーン氏(62通水管)が社長を退き、後任に共同最高経営責任者(CEO)の西川通水管広人氏(63)が就任するトップ人事を発表した。ゴーン氏は通水管代表権のある会長に専念する。ゴーン氏は2000年6月から通水管社長を務めており、約17年ぶりのトップ交代となる。通水管 ゴーン氏は仏自動車大手ルノー出身。ルノー・日産提携に通水管伴って1999年に派遣され、当時経営不振に陥っていた日産通水管の再建の立役者となった。2001年にCEO、03年には会通水管長も兼務し、経営のかじ取りを担ってきた。西川氏は16年1通水管1月から共同CEOとなり、ゴーン氏を補佐してきた。