通水管|小6男児、飲酒運転だった 恩納の12日事故

恩納村山田の国道58号で12日に小中学生の男女が3人乗りした125ccのバイクが転倒し、那覇市内の中学校に通う通水管男子生徒(15)が死亡した事故で、運転していたのが小学6年の男子児童(12)だったことが22日、捜査関係者への取通水管で分かった。児童が酒気を帯びた状態で運転していたことも分かった。同乗していた中学生の男女からはアルコールは検知さ通水管れなかった。 石川署は同日、男子児童を自動車運転処罰法違反(過失致死傷、無免許)、道交法違反(酒気帯び)通水管疑いで県中央児童相談所に送致した。男子児童は事実関係を認めているという。 児相は男子児童に対する調査など通水管した上で処分を判断する。捜査関係者によると、バイクは児童の家族名義だった。小中学生3人は11日、バイクに3人乗り通水管し那覇市内から名護市方面へと向かい、那覇市方面へ戻る途中で何らかの原因で転倒した。同署が2人の供述や走行経路に設通水管された防犯カメラ映像などを解析し、運転手などを特定した。 男子児童の飲酒場所などは分かっていないが、事故通水管後の調べで血中から基準値を超えるアルコールが検知された。亡くなった少年(15)と右鎖骨骨折を負った少女(14)か通水管はアルコールは検知されていない。 男子児童は刑事責任能力がない14歳未満のため児童相談所に送致された。