通水管|人事課あっせん裏付け 違法認定27件全関与

 文部科学省の天下りあっせん問題で、文科省が中間報告で違法と認定した27件中、人通水管事課職員の違法行為は25件に上ることが分かった。残り2件でも大学関係者から求人情通水管が伝わるなど人事課職員が関与。人事課が違法なあっせんの中心的存在だったことが中間通水管報告から裏付けられた。 中間報告などによると、文科省出身の国立高専校長が通水管葉敬愛学園に再就職したケースでは、校長が人事課長に面会して再就職を相談。人事課の通水管長級職員経由で面談内容が調整役の人事課OB、嶋貫和男氏(67)に伝えられた。人事通水管課長と室長級職員の行為が違法と認定された。 局長や人事課以外の部署があっ通水管んに関与したケースもあった。2016年4月、文科省OBの全国公民館連合会副会長に通水管後任者推薦を頼まれた同省生涯学習政策局長は部下を通じて人事課に相談。人事課の選ん通水管元文科省職員が後任の副会長に就任し、生涯学習政策局長らの行為が違法と認定された