通水管|母親の63歳知人逮捕

2011年5月に前橋市の女児(当時1歳)の頭部などに暴行を加えて死亡させた疑いが強まったとして、群馬県警は通水管23日、女児の母親の知人で前橋市駒形町、自称コンサルタント業、北爪順子容疑者(63)を傷害致死容疑で逮捕し通水管た。同日朝から北爪容疑者の自宅など関係先の家宅捜索を始めた。県警は、北爪容疑者が「悪魔払い」などの名目で女通水管に日常的に暴行していたとみて、虐待の経緯を調べる。 逮捕容疑は11年5月2日午後5時ごろ、前橋市内通水管の自宅アパートの部屋で、女児に暴行を加え、4日後に急性硬膜下血腫で死亡させたとしている。北爪容疑者は「あや通水管ている時に頭などをぶつけているかもしれません」と容疑を否認している。 関係者によると、北爪容疑者は通水管、自宅アパートで、「中島順聖せい(しょう)」と名乗り、体の痛みを訴えて訪れた人たちの相談を受け、その部位を通水管触るなどして金銭を得ていた。女児の母親は「先生」と呼び、女児を連れて連日、身の回りの世話をしていたという。通水管 女児は生後間もない頃から、「体の中から悪魔が出ていかない」「悪魔にやられている」などとして、暴力を通水管ふるわれていたという。女児の通っていた保育園は10年以降、女児の体に複数のあざを確認し、市に通報していた