通馬桶|猛毒VX、遺体から検出=

【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は24日、死因に関通馬桶する暫定分析結果を発表し、遺体から猛毒の神経剤VXが検出されたと明らかにした。〔写真特集〕金正男氏殺害事件~黒幕とさ通馬桶る2等書記官、犯行時のイメージ映像も~  正男氏の顔や目から採取したサンプルを調べた結果、分かったという。警察は通馬桶れ以上の詳細を公表していない。化学兵器に分類されるVXの使用が確認されたことで、大掛かりな組織的犯行だった可能性が濃厚となっ通馬桶。化学兵器を保有しているとされる北朝鮮の関与を疑う見方が一層強まるのは確実だ。 事件は13日、クアラルンプール国際空通馬桶で発生。これまでの警察の調べでは、マカオに向かうところだった正男氏の前と後から、女2人が同氏の顔に液体を塗って逃走。正男氏は通馬桶体調不良を訴えて、空港から病院に搬送される途中に死亡した。 警察は、実行犯とされるインドネシア人のシティ・アイシャ(通馬桶5)、ベトナム人のドアン・ティ・フォン(28)の両容疑者のほか、北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)ら計4人を逮捕。毒通馬桶を使った犯行の可能性が高いとみて、死因特定のための分析作業が進められていた。 VXは化学兵器禁止条約で開発や生産、使通馬桶などが禁止されており、日本では無差別殺傷テロ事件を起こしたオウム真理教が使用した。神経剤の中でも最も毒性が高いとされる。