通馬桶|昭恵夫人が名誉校長辞任

衆院予算委員会は24日午前、「安倍内閣の基本姿勢」をテーマに集中審議を行った。 学校法人「森友学園」(大阪市)が国有地を格安で取得した問題で、安倍通馬桶晋三首相は、昭恵夫人が同地で今春開校予定の小学校の名誉校長を辞任したことを明らかにした。国有地売却や小学校認可については、「私と家内、事務所も一切関わって通馬桶いない。関わっていれば政治家として責任を取る」と述べ、改めて関与を否定した。国有地売却、会計検査へ=麻生財務相「適正価格で処分」 同法人が通馬桶「安倍晋三記念小学校」名で寄付集めをしていたことに関し、首相は「再三断ったのに名前を使われたことは極めて遺憾だ」と抗議し、法人側から謝罪があったと説明した通馬桶。首相は同法人の籠池泰典理事長と個人的に会ったことはなく、「籠池氏や法人からの政治献金やパーティー券購入も1円もない」と明言した。民進党の福島伸享、玉木雄通馬桶郎、今井雅人各氏への答弁。 一方、同法人はホームページに掲載していた昭恵夫人のあいさつ文を削除した。夫人は小学校設立に当たり、「優れた道徳教育を基通馬桶として、日本人としての誇りを持つ子どもを育てます」などと記していた。 大阪府豊中市にある問題の土地(8770平方メートル)は、鑑定額からごみの撤去通馬桶費用として約8億円を差し引いた1億3400万円で国から森友学園に売却された。野党側は「不当に安い」(玉木氏)として、政治家の圧力の有無を追及。首相は「他の通馬桶政治家が関わっていたかどうかは把握しておらず、答える立場にない」と述べる一方、「会計検査院などが徹底して調査すべきだ」との考えを示した。 共産党の通馬桶宮本岳志氏は、昨年6月の国有地売却に至るまでの法人との交渉記録の提示を要求。これに対し、財務省の佐川宣寿理財局長は既に廃棄して残っていないと説明した。