通水管|対露強硬論広がる 閣僚ら発言、

【ワシントン大前仁】トランプ米政権内でロシアに対する強硬論が広がっている。トランプ大統領自身は対露関係改善への意欲は失っていないようだが、実務を取り仕切る外交・安全保通水管障チームの閣僚らは同盟国との関係も踏まえた対露発言をしており、トランプ氏も受け入れざるを得なくなっている可能性がある。トランプ政権下で米露関係が好転し、北方領土問題を通水管進める環境整備を期待していた日本は、再考を迫られる恐れもある。【日米露の相関図】 政権発足後、トランプ氏周辺で対露関係を進展させようとする動きは実際に通水管あった。 今月20日付ニューヨーク・タイムズ紙によると、トランプ氏の個人弁護士やウクライナ最高会議議員ら3人が今月上旬、対露関係改善の率先役だったフリン大統領通水管補佐官(国家安全保障問題担当)宛てに、ウクライナ情勢に関する「和平案」をしたためたという。内容は、露軍がウクライナ東部から撤退する代わりに、ウクライナは国民投票で、南通水管部クリミア半島をロシアから借款する期間を50年と100年のうちから選ぶというものだ。 ただ、ウクライナ政府が猛反発したほか、フリン氏から返答もなかったため、こ通水管の案が日の目を見ることはなかった。 その後、対露関係改善への環境は悪くなる一方だ。今月中旬には、フリン氏が駐米ロシア大使と対露制裁について話していたことが分か通水管り、辞任。直後にはトランプ陣営幹部が昨年の大統領選時にロシア情報機関と繰り返し接触していた疑惑が浮上し、与党・共和党が主導する議会が調査に乗り出している。 フ通水管リン氏後任のマクマスター補佐官は上司との衝突も辞さない人柄のうえに、過去に「ロシアが冷戦後の欧州の秩序を塗り替えようとしている」と警告。政権の主要閣僚も今月中旬に相次通水管いで欧州を訪れ、「ロシアにはウクライナ情勢について説明責任を求めていく」(ペンス副大統領)など、オバマ前政権同様にロシアに対しては厳しい立場を貫く考えを繰り返した。