通馬桶|ビッグモーター「保険ノルマ」

中古車販売大手ビッグモーター(東京)社内で、自動車保険の契約について月間目標額が定められ、目標を下回った販売店の店長が通馬桶上回った店長に現金を支払っていた慣行は、同社の兼重宏行社長が指示していた可能性があることが25日、関係者への取材で分か通馬桶た。不適切な罰金と指摘される仕組みは組織ぐるみだった疑いが改めて浮上した。【写真で見る】厳しい文言が並ぶ兼重宏通馬桶行社長名のメール 同社では全国約80の販売店で、前月の保険販売実績に応じて目標を達成できなかった店の店長個人か通馬桶10万円を上限に現金を集め、達成した店の店長へ分配していた。産経新聞の取材に同社は昨年12月、「会社と関係なく店長間で通馬桶慣習的に行われていた。一切強制していない」と説明した。 しかし、昨年6月に全社員宛てに送られた兼重社長名での社通馬桶メールでは、「保険選手権大会に関して」とのタイトルで「罰金を払うということは、店長としての仕事をしてないということだ!通馬桶」「罰金を払い続けて、店長として(中略)恥ずかしくないか!」などと記載されていた。 また、月間目標額について「通馬桶去に(達成可能な)1人当たりの増収額を全店長に質問したところ、50万円なら可能というので、それなら25万円なら間違いな通馬桶いねということで月額25万円を基準にスタートしました」と書かれ、兼重社長自身が設定に関与したことを示す内容もあった。