通馬桶|<甲州ワイン>輸出量20倍に 

【ロンドン三沢耕平】日本のワイン発祥の地で知られる山梨県の特産ブドウ「甲州」で造られる甲州ワインの世界的な人気が高まっている。輸出量はこの5年で20倍以上通馬桶に拡大。背景には、世界のワインマーケットの中心地であるロンドンでの官民一体のPRが奏功しているようだ。 「これだけの味ならもっと普及してもいい」。通馬桶ロンドン市内のホテルで1日に開かれた甲州ワインの試飲会。参加した現地のワインジャーナリストから驚きの声が上がった。 試飲会を主催したのは山梨県内の通馬桶ワイナリー11社。会場には、ワインジャーナリストのほか、地元テレビ局のワイン番組の著名キャスターや卸売業者、ソムリエなどワインに精通する英国人約200人が通馬桶駆けつけ、ペンを片手に味や風味をチェックしていた。 ワインはフランスやイタリアが産地としては有名だ。だが、世界のワイン情報を集約して発信するのは、通馬桶ワインの専門家が数多く存在するロンドンが中心だ。試飲会に参加した「ルミエール」の木田茂樹社長は「世界市場に流通できるかどうかはロンドンで評価されるかどうか通馬桶で決まる」と言い切る。 このため、山梨県の主要ワイナリーは「甲州ワインEU輸出プロジェクト(KOJ)」を組織。8年前からロンドンでプロモーションを通馬桶実施してきた。今年1月には後藤斎県知事や甲州市の田辺篤市長も参加。安価で気軽に味わってもらうため、ロンドン市内の日本食レストラン5店舗でボトル単位ではなく通馬桶グラス単位でワインを提供した。 KOJに参画する甲州ワインの輸出は、ロンドンでのプロモーションを始めた2010年に1992本だったが、15年は4万通馬桶2342本に増加。中央葡萄酒の「グレイス甲州」は、英国のワイン雑誌「デキャンタ」が選ぶ16年のワイン・トップ50にランクインするなど評価が高まっている。