通馬桶|金正男氏殺害 逮捕の女「報酬は約1万円」

北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、実行犯として逮捕されたインドネシア人の女が、報酬として日本円でおよそ1万円受け取ったと話してい通馬桶ることがわかった。 実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ アイシャ容疑者に、25日、インドネシア大使館の職員が初め通馬桶面会した。 インドネシア大使館職員「シティ アイシャ氏は、男から400リンギット(約1万円)受け取ったと。(Q:液体が危険通馬桶物と知っていた?)油のような、ベビーオイルのようなものと彼女は思っていた」 シティ アイシャ容疑者は、日本円でおよそ1万円通馬桶報酬で、いたずら番組の出演に承諾したと話し、「犯罪に関わっているとは思わなかった」と訴えたという。 依頼をしたのはジェーム通馬桶とチャンという男で、日本人か朝鮮人のように見えたと話しているが、この2人がマレーシア警察の追っている容疑者らかどうかは不明。通馬桶 一方、警察が重要参考人として追っている北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン二等書記官が、事件後の週末に、クアラルンプール市内のレス通馬桶ランを訪れていたことがわかった。他の客からも見える席で食事をしたが、他人の目を気にする様子はなかったという。 韓国レストラ通馬桶ンのオーナー「深刻な雰囲気はなかった。どうしてこの敏感な時期に全然気にしていないのかと思った」 マレーシア警察は、この二等通馬桶記官から事情を聞くため、北朝鮮大使館に協力を求めている。警察幹部は、事情聴取に応じない場合は、逮捕状を請求する考えを示している。