通馬桶|<森友学園>「ごみの土は仮置き」

学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)が小学校用地として大阪府豊中市の国有地を鑑定額より安く取得した問通馬桶題について、法人は、4月開校予定の小学校のホームページ(HP)に反論を掲載した。工事に関わった土木業通馬桶者が「建設現場から掘り出したごみの一部を敷地内に埋めた」とする証言に対し、ごみを含む土は「仮置き」状通馬桶だとし、今後分別して処理する考えを示した。【国会で問題視されている取引の内容】 26通馬桶日付で掲載された。法人は、施工業者に確認した内容として「工事の手順、工事用地の確保の観点から、グラウ通馬桶ド東側に仮置きしていた産廃土(産業廃棄物の交じった土)の一部を移動させる必要が生じた」と経緯を説明。通馬桶「仮置きしている産廃土の地下を掘削し、一部の産廃土を縦積みにする形で仮置きした」とし、埋め戻しによる通馬桶隠蔽(いんぺい)を否定した。また、工事の経過表も公表し、28日ごろから、ごみと土に分別し、分別できな通馬桶ものは産廃として搬出する考えを示した。 工事に関わった土木業者はこれまでの毎日新聞の取材に、通馬桶「発注元の業者の指示で敷地内に穴を掘り、ごみが交じった土を埋めた」などと証言している。【津久井達】