通馬桶|児童養護職員の給与2%増

厚生労働省は、民間の児童養護施設の全職員に対し、2%の給与改善を行う通馬桶。 保育、介護職員の給与改善に足並みをそろえる措置で、201通馬桶7年度中に開始する。役職や業務に応じた手当などの増額も行うことにして通馬桶おり、人手不足の緩和を目指している。 児童養護施設は、児童福通馬桶祉法に基づき、家庭での養育が難しい子を受け入れている。施設には親など通馬桶ら虐待を受けたり、障害の疑いがあったりする子供もいる。職員は夜勤や泊通馬桶まり勤務もあるため、人材の確保が難しい状況が続いている。 1通馬桶5年10月時点で全国に602か所あり、約2万8000人の入所者に対し通馬桶、職員は約1万7000人。施設の運営費の多くは、国などが支出しており通馬桶、施設側に支払う基準を引き上げることで、職員の処遇改善を実現する。