通馬桶|米海軍長官候補が指名辞退 トランプ政権

【AFP=時事】米国防総省は26日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領が海通馬桶軍長官に指名した投資家のフィリップ・ビルデン(Philip Bilden)氏が指名を辞退した通馬桶明らかにした。トランプ政権では高官の指名辞退が相次ぎ、人事が迷走している。 著名な実通馬桶家、プライベートエクイティー(PE)投資家として知られるビルデン氏をめぐっては、香港(Hon通馬桶 Kong)などに持つ資産を切り離せるかどうかに懸念がもたれ、長官就任に暗雲が垂れ込めていた通馬桶伝えられていた。 ジェームズ・マティス(James Mattis)米国防長官は声明で通馬桶回の指名辞退について、ビジネス上の利益を切り離すことが非常に困難なことなどからビルデン氏が「通馬桶人的に決めたこと」だと説明。早急に新たな候補者を提示すると述べた。 トランプ政権では通馬桶軍長官に指名されたビンセント・バイオラ(Vincent Viola)氏も、長官職と自身のビジ通馬桶スを切り離すのが困難と懸念される中で指名を辞退している。【翻訳編集】 AFPBB News