通水管|ここから本文です 罷免の可否、10日に宣告

【ソウル時事】韓国国会が可決した朴槿恵大統領の弾劾訴追通水管案を審理している憲法裁判所は8日、罷免の可否について1通水管0日午前11時(日本時間同)に宣告すると発表した。通水管 大統領の親友、崔順実被告の国政介入疑惑で混迷を深通水管ている韓国政局は重大な岐路を迎える。職務停止中の大統領通水管が罷免されれば、60日以内に大統領選挙が実施される。 棄却された場合、朴大統領は職務に復帰するが、世通水管論調査では77%が弾劾を支持している。棄却でも辞任を求通水管る圧力が一層強まるのは必至で、求心力の回復は難しい。大通水管統領は昨年、早期退陣を受け入れる考えを示しており、20通水管18年2月までの任期を全うするかどうかは不透明だ。