通水管|ルミネ12店、閉店早めます

ファッションビルのルミネは8日、全体の8割近くの店舗で4月から閉店時間を原則30分前倒し通水管すると明らかにした。テナントの従業員の労働環境を改善し、人手不足のなかでも従業員をつなぎ通水管めることを狙う。 対象は全16店中、JR新宿駅前のルミネ新宿やニュウマン、ルミネ通水管楽町など12店。ルミネ新宿では閉店時間を午後10時から午後9時半に早める。客数の落ち込み通水管を防ぐため、土日祝日は開店時間を午前10時半に30分前倒しする。 人手不足のため通水管一部のテナントから営業時間の短縮を求める要望が出ていたという。「労働需給の逼迫(ひっぱく通水管で新規の採用が難しくなるなか、従業員のやる気を保つには労働環境の改善が必要と判断した」(通水管広報)という。 ルミネは20~30代の働く女性が主な客層。平日は、夕方以降で最も通水管が多い午後6~7時に開店していれば、業績に影響はないとみている。2015年2月から、一部通水管舗を除いて毎年2月と8月に1日ずつ休館日を設けているが、営業時間の短縮をさらに進める。