通水管|早実・清宮 高校通算79号は130メートル場外弾

高校野球は8日、対外試合が解禁され、今秋のドラフト会議で注目される清宮幸太郎内野手(2年)擁する早実が8日、早大グラウンドで早大通水管と今年初となる練習試合を行い、6―17で敗れた。 高校野球はこの日が対外試合解禁。「3番・一塁」で先発出場した清宮は3打通水管1安打2打点の活躍で、9回第5打席には元ロッテ投手・小宮山悟氏(51)の息子の小宮山将(3年)から高校通算79号となるソロ本塁打通水管を放った。 19日に開幕する第89回選抜高等学校野球大会(甲子園球場)直前、大学生相手に胸を借りた実戦で、怪物のバットが通水管を噴いた。5―17で迎えた9回の第5打席、カウント2―0から高めの直球を振り抜くと、打球は高々と舞い上がり高さ15メートルの右翼通水管ネットを超えた。グラウンド脇の通路に着弾したボールは大きくバウンドすると、隣接する準硬式野球のグラウンドへ達した。推定130メー通水管ルの場外弾に、集まった8球団のスカウトがうなった。日本ハムの岩舘スカウトは「すごいですね。飛距離もとんでもない」。あるスカウトは通水管「普通あれだけ上がらないですよ。最後に打つというスター性もある。ブライアントみたい」と絶賛した。 父・小宮山氏の見守る前通水管場外弾を浴びた小宮山は「清宮がいるんで全員で抑えようと話していたのに、最後に自分が打たれちゃった。これで(センバツで)活躍すれば通水管自分のおかげじゃないですか。たぶんセンバツも勝てると思う。甲子園で暴れてきてほしい」と高校の後輩でもある清宮へエールを送った。