<稲田防衛相>「教育勅語自体が全く誤りというのは違う」

◇参院予算委 「勅語の精神は道義国家を目指すこと」 稲田朋美防衛相は8日の参院予算委員会で、明通水管治憲法下の教育理念である教育勅語について「『日本が道義国家を目指すべきだ』という精神は、取り戻すべきだ通水管考えている」と述べた。教育勅語は1948年、「基本的人権を損ない、国際信義に対して疑いを残す」として衆通水管両院で排除と失効確認が決議された。稲田氏に対し、資質を問う声が上がる可能性がある。 大阪市の学通水管法人「森友学園」の幼稚園で園児が教育勅語を暗唱させられていたことに関し、福島瑞穂氏(社民)が見解をただ通水管た。稲田氏は「勅語の精神は親孝行、友達を大切にする、夫婦仲良くする、高い倫理観で世界中から尊敬される道通水管義国家を目指すことだ」と説明。「勅語自体が全く誤っているというのは違う」と語った。 福島氏は「通水管育勅語が戦前、戦争への道につながり、道徳規範として問題を起こしたのでは」とただしたが、稲田氏は「そうい通水管一面的な考え方はしていない」と否定した。 稲田氏はまた、学園の籠池泰典理事長との関係について「通水管のパーティーに来ていた記憶はあるが、10年ぐらい会ったことも話したこともない」と述べた。【光田宗義】