通水管|数カ月以内に最終報告

【クアラルンプール時事】2014年にマレーシア航空機が南シナ海上空で消息を絶ってか通水管ら3年が経過した8日、マレーシア政府などによる調査チームは声明を出し、数カ月のうち通水管不明機に関する最終報告を公表する方針を示した。 ただ、機体やフライトレコー通水管ダーは見つかっておらず、真相解明にどこまで迫れるかは不透明だ。 239人を通水管せたマレーシア機は14年3月8日、クアラルンプールから北京に向かう途中で行方不明に通水管った。マレーシア、オーストラリア、中国の3カ国はインド洋南部で12万平方キロの海域通水管を捜索したが、機体の主要部分の発見に至らず、今年1月に捜索を休止した。 声通水管によると、これまでに不明機の可能性がある残骸を20個以上回収し、うち3個が不明機の通水管ものと確認された。内装の残骸から機体は分解したとみられるが、「(ばらばらになったの通水管)空中なのか、海に落ちた衝撃なのかを決定付ける情報が不足している」と指摘した。