通水管|なぜ?金正男氏の息子支援

金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、ハンソルさんと見られる男性の動画を謎の脱北支援団体が公開しました。この団体はハンソル氏の保護を通水管支援した人物として韓国に駐在するオランダ大使の名前をあげています。ソウルにあるオランダ大使館前からの報告です。 動画を公開通水管た団体は今回のハンソル氏の移動を援助してくれたとして、オランダ、中国、アメリカ、そして匿名を希望するもう1つの国の合わせて4か国を通水管あげています。このうち、特にオランダのエンブレヒツ大使には急な要請にもかかわらず迅速で力強い支援をいただいたと、1人だけ実名をあげ通水管紹介しています。 そのエンブレヒツ大使ですが、2005年から4年間、マレーシア大使を担当。その後、2015年からは北朝鮮と通水管国を担当する朝鮮半島大使に就任して、東アジア情勢に精通している人物です。 韓国の外務省によりますと、オランダの大使はソウル通水管を拠点としながら北朝鮮と韓国の両国を行き来しているということです。 動画の公開後、オランダ大使館が入るビルにはメディアが詰通水管かけているんですが、大使は今のところ、取材には応じていません。 ただ、支援団体はオランダ国民の人道的な規範を示してくれたと通水管も強調していて、エンブレヒツ大使が、ハンソル氏が移動した経緯や現在の居場所について詳しく事情を知っている可能性があります。大使館の通水管係者に取材すると、オランダの本国がまだ朝が早いので、もうしばらくすると何らかの声明を出す可能性はあるというふうに話していました。