通水管|英上院、EU離脱法案に2度目の修正

英上院(貴族院)は7日、欧州連合(EU)離脱を正式通告する権限を政府に与える法案をめぐる審議で、EUとの最終合意は通水管、議会の「実効力のある」議決が必要とする修正を加えることを、賛成366票、反対268票で可決した。上院が法案に修正通水管求めるのはこれが2度目。閣僚らは上院での可決を残念だとした上で、修正を除いた法案を下院で再可決できるよう努通水管すると述べた。与党・保守党で政府方針に反旗を翻した13人の議員の1人、ヘセルタイン卿は地域発展の政府顧問を通水管解任されたと明らかにした。同法案に上院が修正を加えるのは今回が2度目。今月1日には、英国内に現在居住するE通水管加盟国国民への権利保障を求める修正を可決している。7日の採決に参加した上院議員は634人で、議会ウェブサイ通水管によると1831年以降最も多かったという。今回の修正は、離脱をめぐるEUとの最終合意について上院と下院それ通水管ぞれが採決を行うというもの。一部の上院議員らは、議会での採決は拒否権の授与に相当すると考えているが、閣僚らは、採決通水管結果いかんにかかわらず離脱は実行に移されると主張している。政府方針に従わず修正に賛成票を投じた上院の保守党通水管員は、サッチャー政権の国防相などを歴任したヘセルタイン卿や、閣僚経験のあるデベン卿、ハリシャム子爵を含む12人。