通馬桶|森友理事長、7.5億円契約書を依頼

学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指す小学校の建設工事をめぐり、請負金額が大きく違う3種類の工事契約書通馬桶が国や大阪府などに提出されていた問題で、法人の籠池(かごいけ)泰典理事長が正規の契約書とは別に、金額の少ない通馬桶約書を作るよう請負業者に要請していたことが9日、分かった。業者側の関係者が取材に証言した。 関係者に通馬桶ると、小学校建設工事の正規の請負金額は約15億円。図面に基づいて算出したもので、この契約には今も変更はないと通馬桶う。 ただ、籠池氏と当時の設計業者から「私学助成を受けるのに必要」と頼まれ、7億5600万円の契約書通馬桶別に作成。正規契約から設備工事費などを除いた金額で、まったく根拠がないものではないとした。契約書には印鑑を押通馬桶し、日付は空白にして法人側に渡したという。関係者は、「助成の申請に必要だと言われ、当時はそんなものかと、よく通馬桶えずに渡した」とした。 大阪府によると、籠池氏は小学校設置の認可を判断する資料として、府側に7億56通馬桶0万円の契約書を提出していた。当時、認可の是非を検討する府私学審議会では法人の財務状況が不安視されており、府通馬桶担当者からは「収支状況をよく見せるために、工事の金額を過少申告する必要があったのでは」との見方も出ている。