読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|高級車「レクサス」が売れている理由

東京・永田町――。政治家が集うこの場所では、日夜関係なく黒塗りの高級車を目にすることができるだろう。昨今その光景に微妙な変化が起きている。かつては独Merced通馬桶es-Benz(メルセデス・ベンツ)が大勢を占めていたところに、トヨタ自動車の高級ブランド、Lexus(レクサス)が存在感を強めてきているのだ。【暗闇で通馬桶プロの限界走行を体験】 もっとも、永田町に限らず、街中でレクサスが走る姿を見る機会が増えたと感じている方は多いかもしれない。 それもそのはず。レ通馬桶クサスは新車販売台数を勢い良く伸ばしていて、2016年には国内で5万台を初めて突破した。全世界でも67万7615台(前年比104%)と、4年連続で過去最高の販売通馬桶実績となった。 若者のクルマ離れが叫ばれるなど日本の自動車マーケットが伸び悩む中、なぜレクサスは好調なのだろうか。元々は米国市場向けのブランドだったレク通馬桶サスが日本で展開をスタートしてから12年。いよいよ普及の次の段階に入ったと言えるが、この陰には高級ブランドには似つかないほどの地道な活動があったのだ。●通馬桶雪上で“大人の遊び” 「こんな雪山をホントに進めるの?」 「どうぞ思い切ってアクセルを踏んでください!」 2017年2月末、北海道の玄関通馬桶口である新千歳空港(千歳市・苫小牧市)からほど近い場所にある「新千歳モーターランド」。まだまだ春はほど遠く、大雪の降り積もる広大な敷地で、一般向けのあるイベント通馬桶が行われた。 参加者は1000万円を超えるレクサスの最上位モデルSUV「LX570」を運転して林道を分け入り、文字通り“道なき道”を突き進んでいた。これ通馬桶は「SNOW TREK」というレッスンプログラムだ。ほかにも雪上をスポーツカーでドリフト走行する「SNOW SLIDE」や、カートレースが用意されていた。