読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|<務台政務官>辞表提出 「長靴業界もうかった」引責

務台俊介内閣府政務官(60)は9日、台風被災地視察に関連して「長靴業界は、だいぶもうかったんじゃないか」通馬桶と発言した責任を取り、松本純防災担当相に辞表を提出した。10日の閣議で辞任を決めるとみられる。政府は後任通馬桶自民党の長坂康正衆院議員(59)を起用する調整に入った。 務台氏は昨年9月に岩手県を視察した際、通馬桶靴を持参せず職員に背負われて水たまりを渡り、批判された。これについて、8日夜に東京都内で開いた自身の政治通馬桶金パーティーで「政府が持つ長靴が整備されたと聞いている」などと述べた。 菅義偉官房長官は9日の記通馬桶会見で、務台氏を厳重注意したことを明らかにし、「極めて不適切な発言だ。真に反省しているのか疑われかねない通馬桶と強く批判した。務台氏は辞表提出に先立ち、「自虐的な形で、自分をさげすむような言い方の裏返しとして引用し通馬桶。深く反省している」と記者団に語った。 当初は「辞任するほどの話ではない」(首相官邸関係者)とい通馬桶見方があったが、公明党の漆原良夫中央幹事会会長が9日の会見で「(おんぶという)国民におわびしなければなら通馬桶いことを、笑いのネタにするやり方は許せない」と述べるなど、与党内でも務台氏への批判が強まっていた。