読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|「水面下の交渉」追及へ

11日に行われた東京都議会調査特別委員会(百条委員会)の証人喚問を受け、各通水管会派は「水面下の交渉に対する疑惑が深まった」として、実態解明に向けた追及を通水管続ける構えを見せた。  公明党の谷村孝彦氏は「水面下の交渉の存通水管在が確認できた」と強調。都や東京ガスから提出された資料や、この日の証言内容通水管を精査する考えを示した。東京改革(民進党)の酒井大史氏は「核心的な話につい通水管て、東ガスは『記憶にない』との発言に終始していた」と不満顔。再度の証人喚問通水管を検討するという。 共産党の吉田信夫氏は「都は豊洲用地の汚染の深刻通水管さや莫大(ばくだい)な対策費用について、認識し得る状況だった」と指摘。小池通水管百合子知事が事実上率いる地域政党「都民ファーストの会」の音喜多駿氏は、「東通水管ガス側の資料をベースに質問すれば、新たな事実が出てくるはずだ」と語った。