通水管|朴氏、失職後も大統領府に

韓国大統領で初めて弾劾(だんがい)訴追によって罷免(ひめん)された朴槿恵(パククネ)氏は、11日も通水管夜まで沈黙を守り、ソウルの大統領府(青瓦台)にとどまった。大統領府関係者は、罷免の衝撃が大きく、次通水管行動に移れないようだと明らかにした。意思疎通を欠く「不通(プルトン)」と呼ばれた政治スタイルで周囲通水管の意見が耳に入らず、罷免を受け入れられない様子が浮かび上がった。【写真】韓国大統領府(青瓦通水管)前=11日午後4時50分撮影、東亜日報提供。朴槿恵氏は11日も沈黙を守った 関係者によれ通水管、10日に憲法裁判所が罷免を宣告後、大統領府幹部らは朴氏と今後の対応を協議した。朴氏は強い衝撃を受通水管けた様子で「申し上げる言葉もない」と語っただけ。国民向けのコメントやソウル市南部の自宅に移ることに通水管をつけられなかったという。 失職後も青瓦台にとどまり、コメントも出さない状態に批判の声が上通水管がり、野党各党は11日、朴氏が早期に憲法裁の宣告に従う立場を表明するよう相次いで求めた。大統領府関通水管者は11日、「大統領府を去るにあたって直接メッセージを出すかどうか依然はっきりしない」と語った。