通水管|夜行高速バスのパイオニア

日本における夜行高速バスの基礎を築いたふたつの「日本初」 日本における夜行高速バスの歴史のなかでもエポックメイキングな路線であり、「夜通水管行高速バスのパイオニア」とも呼ばれている「ムーンライト号」の運行が、2017年3月31日(金)をもって休止されることになりました。【写通水管真】1997年導入の、西鉄・シートメーカー共同開発の夜行高速バス用座席 夜行高速バス「ムーンライト号」は、1983(昭和58)年3月2通水管4日に阪急バス(現・阪急観光バス)と西日本鉄道(以下、西鉄)が大阪~福岡間で運行を開始しました。運行歴が30年以上というのは、日本の夜行高速バ通水管のなかでも老舗の部類で、「ノクターン号」(横浜・品川・浜松町~弘前・五所川原)とともに「夜行高速バスのパイオニア」とも呼ばれています。通水管 なぜ「夜行高速バスのパイオニア」と呼ばれているのか、その理由はふたつの「日本初」を採用したからです。ひとつは、日本の夜行高速バスでは初めて、通水管起終点のバス運行事業者が同条件で相互に営業・施設を提供し、収入を配分する「共同運行方式」を採用したこと。車両の仕様もカラーも統一して、利用者へ通水管業者によらない同じサービスを提供するという現在の夜行高速バスでは一般的な仕組みは、「ムーンライト号」が確立したといわれています。 そし通水管てもうひとつは、日本で初めて3列独立シートを採用したことです。3列独立シートは、1986(昭和61)年に登場した2代目専用車両で採用されました通水管が、隣の人を気にせずに安心して眠れることから好評を得ました。あわせて、中央階下トイレや床下交代乗務員仮眠室も「ムーンライト号」が初採用です。