読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|香川、”チーム最高評価”で独紙大絶賛!

現地時間11日にブンデスリーガ第24節の試合が行われ、ドルトムントはヘルタ・ベルリンと対戦し1-2の敗戦を喫した。ドルトムントの日通水管本代表MF香川真司は公式戦10試合ぶりの先発フル出場を果たしている。【驚愕サッカー動画】ドルトムント香川、今見てもやっぱり通水管凄かった!! ここまでベンチスタートが続き、出場してもわずかな時間しかプレーできなかった香川。久しぶりに掴んだスタメン出場通水管チャンスで試合開始直後から積極的なプレーを見せて味方のチャンスを演出している。そして50分にはピエール・エメリク・オーバメヤンのゴ通水管ールをアシストするパスを送った。 独紙『ビルト』は香川にチーム最高評価となる「2.0」の採点をつけた。ゴールを決めたオーバ通水管ヤンには「3.0」で、失点に絡んだマティアス・ギンターには「5.0」の点数を付けている。また、独紙『ルール・ナハリヒテン』も同じく通水管、香川にチーム最高評価の「2.0」をつけた。(ドイツの採点は「6」が最低で「1」が最高) そして、独紙『デア・ヴェステン』通水管も香川にチーム最高評価となる「2.0」の採点を付けている。記事のタイトルに「ヘルタに敗戦したドルトムントの明るいスポット」とつけ、通水管川の写真を掲載した。寸評では「ドルトムントのベスト攻撃プレイヤー。芸術的なトラップや正確なパス。ドルトムントのほぼ全ての良いシーン通水管で彼の足が関わっている。最初にアンドレ・シュールレに対して本当に良いチャンスを作り出していた」とし、香川のプレーを絶賛している。