読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|ポスト堀北真希 平祐奈を筆頭に深川麻衣

2月末をもって芸能界を引退した堀北真希(28)。今後は夫の山本耕史(40)を支えながら家庭に専念するということだが、彼女の空けた席にいったい誰が座るのか、「ポス通水管ト堀北真希」に注目が集まっている。 元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義さんは、ポスト堀北の条件を次のように述べる。「堀通水管さんがなぜ特別な女優でありえたのかというと、美人であるのはもちろんのこと、清楚なイメージを保ち続けたからだと思います。透明感があってピュア、無垢なイメージ。とて通水管も近づけない、みんなで遠くから見守っていたい存在でした。 演技に対してもとても勉強熱心な女優さんだったと思います。ただ、どんな役でもOKというわけではあ通水管ませんでした。たとえば超能力を持つような現実離れした人物を演じた時は、浮くことが多かった。堀北さんの良さが出るのは、普通の女性が懸命に生きる姿を演じる時。戦後復通水管興期の時代を生きる女性を描いた『梅ちゃん先生』(NHK)などがまさにそれでした」(碓井広義さん、以下「」内同) 2003年にデビューした堀北は、2005通水管のドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ系)や映画『ALWAYS 三丁目の夕日』で一躍注目を浴びる存在となり、その後は主役を張るのが当たり前の人気女優とし通水管て活躍し続けた。 デビュー当初は清楚キャラでもそのイメージを崩していく女優が多い中、堀北は引退するまでそのキャラクターを守り続けたといえるだろう。仕事以通水管ではほとんど外出せずに家で過ごしていたと言われる堀北は恋愛スキャンダルともほぼ無縁で、裏付けのないウワサ話が時折流れる程度。結婚に際しても、「山本のストーカー被通水管害者では?」という説まで飛び出し、イメージが保たれた形だ。また企業からのウケも良く、富士フイルムやNTTドコモなどは長期にわたり彼女をCMに起用し続けた。