通水管|現場に男子大学生のスマホ 女子高生殺害

石川県能登町の空き家で女子高校生が殺害されているのが見つかった事件で、現場通水管の空き家から大量の血痕や大学生のスマートフォンが見つかったことがわかった。通水管 この事件は今月10日夜、能登町にある空き家で、能登高校1年の池下通水管未沙さん(16)が首から血を流して死亡しているのが見つかったもの。警察は、通水管にはねられて死亡した長野県の信州大学の学生(21)の車から、凶器とみられる通水管包丁を押収した。また、池下さんの携帯電話には大学生とやり取りした形跡はなく通水管、接点は見つかっていないという。 警察は12日、空き家を現場検証。通水管下さんが倒れていたのは空き家の居間で、そばには大量の血痕があったという。ま通水管た、台所からは男子大学生のスマートフォンが見つかっている。警察は、この空き通水管家を殺害現場と断定し、大学生が池下さんの殺害に関与したとみて調べている。