通水管|「法基準を上回る措置」小池知事意向

ともに敷地から環境基準超の有害物質が検出された、東京都の豊洲市場と築地通水管市場は何が違うのか。都議会で14日、豊洲移転推進派の自民都議と小池百合通水管都知事とが激しく議論した。小池氏は、豊洲市場の信頼回復には法令を上回る通水管心の確保が必要とし、築地市場とは基準が異なるとの考えを示した。通水管都議と都側が一問一答式で質疑応答する予算特別委員会が同日に始まり、知事通水管して初めて臨んだ小池氏に自民が論戦を挑んだ。 「(豊洲市場は)通水管国の(汚染対策の)法令はクリアしているのか。はっきりお答えを」。質問し通水管自民の崎山知尚氏が繰り返し尋ねた。小池氏は、豊洲市場が土壌汚染対策法を通水管たしていると示したうえで、「法令を上回る措置を講じるというのが、都や議通水管で決めたこと。それを徹底して信頼を得るというのが私の決意」と答えた。