読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|<埼玉・熊谷>中学が13人の「非行生徒」資料配布

埼玉県熊谷市の市立熊谷東中学校(西博美校長)が1月、自校の生徒13人が非行などの問題を抱えているとして、地域の自治会長らを集めた「通水管非行防止ネットワーク会議」で13人の氏名と住所を載せた資料を配布していたことが分かった。このうち5人は顔写真も添え、個々の生徒につ通水管いて「学力が低い」「性的な事への興味・関心が強い」などと記していた。非行防止に向けた学校と地域の連携で、情報共有のあり方が問われそ通水管だ。 同校は取材に「個人情報の取り扱いが不適切だった」とし、月内に保護者説明会を開き謝罪するという。 同校は201通水管5年から会議を年2回開き、今年1月の会議では自治会長、民生委員、同校のPTA会長のほか市教委職員や熊谷警察署員など計17人が出席し通水管。同校は「地域のサポートが必要な生徒」として、1~3年生男女13人の氏名などを載せた資料を1部ずつ配り、ほとんどの出席者が持ち帰っ通水管た。 会議翌日、資料にわが子が掲載されていると知った保護者が同校に抗議。市教委と熊谷署の計2部を除き回収されたが、資料を撮通水管影した写真がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でアップされたという。 西校長は「課題のある生徒を地域の人と情通水管共有しながら育みたいと考えた。昨年の会議で出席者から『生徒が分からないと対応は難しい』との指摘があり、資料を作った。今後は見直した通水管い」と話した。また、市教委は「会議に出席した職員は疑問を感じたが、その場では発言しなかった。やはり望ましくなかった」としている。