読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|あの港区にこども食堂!?

「セレブの住む街」――東京都港区にはそんなフレーズがついて回る。六本木に赤坂、白金、青山、台場に麻布と、きらびやかなイ通水管メージをもつ地区が集まり、六本木ヒルズに東京ミッドタウン、虎ノ門ヒルズにアークヒルズに汐留ビル群など、大都会を象徴する建造物も通水管多い。大使館の約半数が集まり、赤坂御用地など皇族との縁も深く、青山霊園や増上寺には多くの歴史上の人物が眠っている。民放通水管キー局5社の本社が集まり、情報の発信地でもある。土地の坪単価は平均で1000万円近く、1LDKでも賃料50万円以上の物通水管件がごろごろある。当然、住人たちも資力のある人が多い。企業経営者やタレントなども多く、'''住民の平均所得は1023万通水管円(2015年)で全国トップとされる'''。スーパーの駐車場にフェラーリが停めてあるような地域だ。港区のもう一つの通水管顔一方、もっとも裕福な「一人勝ち」東京都は、格差の大きな自治体でもあるという「もう一つの顔」があり、港区も例外ではない通水管。低所得の公立小中学生に支給される就学援助の受給率は、全国平均15.4%に比べて、港区は小学校15.23%、中学校31通水管.06%にのぼる(「港区の教育」2016年度版より)*注。お金持ちの代表格のように言われる街でも、どこから見るかで景色通水管がまったく変わってしまうことは、港区に限らない。その「港区のもう一つの顔」を垣間見させてくれるのが「みなと子ども食堂」だ。