通水管|雪が多い地方の「なごり雪」

「なごり雪」は、雪の多い地方で春になっても消えずに残っている雪という意味と、春に降る雪という意味の2通水管つがありますが、昭和49年に昭和を代表するフォークソング「なごり雪(作詞・作曲:伊勢正三)」を、伊勢通水管正三が属している「かぐや姫」、カバーしたイルカなどが歌ったことによって、春に向かって最後に降る雪のイ通水管メージが広がっています。気象用語では雪の終日「なごり雪」は気象用語ではありません。対応す通水管る言葉は、春に向かって最後に降った雪のことをさす「雪の終日(しゅうじつ)」です。伊勢正三は、通水管身地の大分県の津久見駅の情景を想定して、この歌を作ったそうですが、九州北部の「雪の終日」の平年日は、通水管2月下旬から3月上旬ということになります。今年も、3月8日頃に、一時的に冬型の気圧配置となっ通水管て寒気が南下し、福岡などで「みぞれ」を観測しましたので、九州北部の山沿いではこれが「なごり雪」だった通水管のかもしれません。歌詞の「東京を離れる君が見る季節外れの雪は、東京で君が見る最後の雪かもしれ通水管ない」という意味から、東京の駅が舞台となっていますが、東京の雪の終日の平年日は、3月11日です。