通水管|籠池氏への寄付否定

安倍晋三首相は17日午後の衆院外務委員会で、学校法人「森友学園」の理事長退任を表明した籠池泰典氏が首相から100万円通水管の寄付を受けたとしていることについて「籠池氏とは個人的関係はない。そうした方に、これだけ多額の寄付を私が行うことはあ通水管得ない」と述べ、否定した。昭恵氏「安倍晋三からです」=100万円授受、籠池氏証言 民進党の福島伸享氏通水管への答弁。 籠池氏は16日、参院予算委員会のメンバーに対し、首相夫人の昭恵氏を通じて2015年9月に100万通水管の寄付を受けたと主張している。これに関し、首相は「妻や事務所など第三者を通じても(寄付を)行っていない。妻個人として通水管も寄付を行っていない」と言明した。 一方、昭恵氏が籠池氏の妻とメールのやりとりを続けていたことが明らかになっ通水管。首相は相手側の了解が得られれば、メールの「全文を公開してもいい」との意向を明らかにした。 福島氏は、野党4通水管党の議員が16日に籠池氏の自宅を訪問した際、昭恵氏から籠池氏の妻に「幸運を祈ります」とのメールが届いたと指摘。首相は通水管妻が(同学園)小学校の名誉校長退任後もメールのやりとりをしていたのは事実だ」と認め、「妻は一度付き合った人間とは、妻通水管の方から関係を切ることはしないという考え方だ」と説明した。メールの内容については「全く問題ない」との認識を示した。