通水管|中田が激白!「小久保監督に覚悟なかったら辞退していた」

【フェニックス(米アリゾナ州)17日=ペン・小谷真弥、盆子原浩二、カメラ・堺恒志】WBC日本代表の中田翔内野手(27)が、小久保裕紀監督(45)、右足首痛で不通水管参加となった日本ハム・大谷翔平投手(22)にささぐ世界一を誓った。羽田空港からのチャーター機でアリゾナ入り。チームの中心として、準決勝(日本時間22日午前10通水管、ドジャー・スタジアム)に臨む意気込みを激白した。 自分のためだけじゃない。野手最年少の23歳で臨み、4強止まりだった13年大会は6試合で21打数6安通水管、打率2割8分6厘、0本塁打、2打点だった。あれから4年。アリゾナの地に立った中田はワン・フォー・オールの精神で満ちていた。 「前回は(緊張で)テンパ通水管りすぎて右も左も分からなかった。変な話、チームの勝ち負けはどうでもよく感じてた。緊張しすぎて、みんなが喜ぶから喜ぶみたいな…。でも、今回は違う。年下選手も多い通水管いろんな責任を背負っている。チームのために頑張るだけ」 特別な思いを抱いている相手が2人いる。まずは小久保監督だ。少年時代、通算413本塁打を放った指通水管官に憧れた。侍監督に就任した13年から主軸として起用された。それだけじゃない。代表監督として見せる献身的な姿勢。15年の国際大会「プレミア12」でのV逸で世間通水管の批判を一身に浴びたが、忠誠心は増した。 「周りでごちゃごちゃ言う人は正直いる。でも、オレには関係ない。すごい人だし、すげぇ選手に気を使ってくれる。扱通水管のはみんな違うチームの選手たち。(他の人が代表監督なら故障を恐れて起用法に)腰を抜かすと思うよ。それで負けたらいろいろと言われる。日本中の重圧がある中で、小久通水管さんには覚悟を感じる。正直そこを感じなかったら、(調整の難しい開幕前で)オレは腰が痛い、手首が痛いと辞退していたと思う。小久保さんを喜ばせたい気持ちは強い」