通水管|残業上限、実質年960時間

連合と経団連の激しい交渉の末、安倍晋三首相の「裁定」を経通水管てようやくまとまった残業時間の上限規制。「過労死ゼロ」を通水管目指す新たな規制案に、ほころびがあることがわかってきた。通水管繁忙期の上限を「月100時間未満」と決めたことにも「過労通水管死容認」との批判がやまない。▼3面参照 17日の通水管働き方改革実現会議に提案された規制は、労使協定(36<サ通水管ブロク>協定)を結ぶことを前提に、労働基準法の上限を超え通水管て残業させられる時間の上限を原則として「月45時間、年3通水管60時間」と定めた。 繁忙期などの「特例」として年間通水管の上限を「720時間(月平均60時間)」と設定。……