通水管|<仏大統領選>11人届け出

【パリ賀有勇】4月23日に第1回投票が行われるフランス大統領選の立候補届け出が通水管締め切られ、11人が届け出た。選挙手続きを管理する仏憲法評議会が18日、出馬要通水管を満たした候補者11人を発表した。 立候補者は、極右政党・国民戦線のル通水管ペン党首(48)▽超党派の市民運動を率いる独立系候補者のマクロン前経済相(39通水管▽中道・右派候補の共和党・フィヨン元首相(63)▽左派候補の社会党・アモン前教通水管相(49)▽急進左派の左翼党元党首、メランション氏(65)--ら。 各通水管候補は、出馬要件である国会議員や市町村長ら500人以上の推薦署名を提出期限の1通水管日までに提出し、憲法評議会が不備がないか審査した。 第1回投票を巡る最通水管新の支持率世論調査では、首位のルペン氏にマクロン氏が肉薄しており、妻らの不正給通水管疑惑の渦中にあるフィヨン氏と支持率低迷に悩むアモン氏が追う展開となっている。