読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|食いちぎられた科学~

 予想通りといえば、予想どおりだ。前回の記事「トランプ政権、科学に牙を剥く」に書いたように、トランプ政権は反科通馬桶学の姿勢を示してきた。だから、予想はしていた。しかし、それが現実のものとなると、恐怖を覚える。トランプ通馬桶政権が公表した、10月からはじまる2018年度の予算案(予算教書)は衝撃的、いや、壊滅的だ。 予算案では通馬桶境保護庁(EPA)の予算を大幅に削減(31.5%)するだけでなく、NASAの衛星計画を無条件で打ち切り、エネルギー省科通馬桶学局の予算を9億ドル(約1020億円)削減し、 「先進技術車両製造計画」を廃止し、 国立海洋大気庁(NOAA)の予算を通馬桶億5000万ドル(約283億円)削減するほか、国立衛生研究所(NIH)の予算も60億ドル削られるとみられる。これにより通馬桶NIHの予算額は過去15年間で最低の水準となる。オバマ政権時にの末期に先進療法の開発・導入を促進する「21世紀の治療法通馬桶案」が可決され、NIHへの予算拡充が約束されたが、もはやその予算がなくなったどころの話ではない。出典:トランプ通馬桶権の予算案、「勝者と敗者」明暗くっきりむいた牙は鋭く、科学予算はズタズタに食いちぎられたと言っても過言ではない通馬桶。科学界は大混乱アメリカの科学界は今、ショックが大きすぎて唖然としているようだ。以下はウェブの記事だ。