読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|流氷(海氷)が北海道

 地球の海のうち、南極や北極に近い極地方を中心に1割の海が凍っています。陸続きに接岸して動かない海氷を定着氷、岸から離れて漂っている海氷を流氷といいますが、海氷のほとんどは流氷通馬桶です。オホーツク海南部は世界で一番低緯度で凍る海一番低緯度にある流氷は、オホーツク海南部のものです。11月には北緯55度位に位置するシャンタル諸島周辺から結氷しをは通馬桶め、サハリン島の海岸線に沿って結氷域が拡大、3月にはオホーツク海の8割が凍ります。また、流氷は宗谷海峡からの日本海北部に流出したり、根室海峡などを通って太平洋に流出することもあ通馬桶ます。オホーツク海は、アムール川から流れ込む大量の淡水が海の表面に塩分の薄い層を作るため生じる現象ですが、同時にアムール川からリンなどが流れ込むために大量のプランクトンが発生し通馬桶世界有数の漁場となっています。流氷に完全に閉ざされた期間は漁が行われませんが、流氷が襲来する直前や流氷が沖合に去った直後も漁業活動が活発であることから、海難の発生も少なくありま通馬桶ん。襟裳岬の流氷の恵み流氷は災害だけでなく、恵みももたらします。その一つが襟裳岬の恵です。北海道の襟裳岬の沖合は、津軽海峡を通って東進してきた暖流と、千島列島の東を通馬桶下してきた寒流がぶつかることから、そこにある岩礁では良質の昆布がとれ、回遊魚や沿岸魚が多く生息しており、海の幸に恵まれた土地でした。しかし、明治以降の移住者の増加により襟裳岬に通馬桶がっていた原生林の急激な伐採が進み、全国有数の強風によって砂漠化し、沖合までの土砂が流入して、海の恵みまでなくなってしまいました。そして、わずかにとれた昆布も、出荷前に浜で乾かしている通馬桶、舞い上がった砂がかぶることが多くなり、結果として商品価値が下がる有様でした。吉田拓郎が昭和48年12月に書いた名曲「襟裳岬(作詞:岡本おさみ、歌:森進一)」では、サビ部分に「通馬桶裳の春は何もない春です」という歌詞があります。発売当時は、地元から反発があったと言われているサビ部分ですが、「何もないような荒れた土地ではあるが人情がある春です」の意味と思います。