読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通馬桶|就活で増える「意識低い系」

 『「意識高い系」という病 ソーシャル時代にはびこるバカヤロー』(ベスト新書)が刊行されたのは2012年12月。著者はこのYahoo!個人の執筆者でもあり、現通馬桶在は千葉商科大学専任講師の常見陽平さん。働き方などを発信されている方です。もともとネットスラングだった「意識高い系」は同書の刊行・ヒットで完全に定着。通馬桶の後、NHKドラマにもなり、2017年2月には文春新書から『「意識高い」系の研究』(古谷経衡)も刊行されました。さて、就活での「意識高い系」とは、自己PRをや通馬桶たらと盛る、自慢が多い、就活に熱心であることをやたらとアピール、このあたりが特徴です。まあ、就活に熱心であるのは本来悪い話ではありません。この「意識高通馬桶系」というキーワードがあまりにも広まりすぎたために、学生によっては、「就活をしろ、と言われてしてみれば、『意識高い系』と叩かれて」「早く就活をすると、通馬桶意識高い』と言われるからやめておく」と誤解してしまう方もいます。おかげで私が就活関連の講演をするときは、「就活への意識を高く持ち~」と通馬桶話したいところ、「就活へのモチベーションを高く持ち~」と言いかえる羽目に。あまり根本的な解決にはなっていませんが。「意識高い系」ではなく「意識低い通馬桶」男子が大量に増殖さて、2012年ごろから注目された「意識高い系」ですが、就活熱心という点で評価する意見も採用担当者からはありました。が、本稿ではその通馬桶辺はちょっと省略します。売り手市場に転じた2014年ごろから現在まで、採用担当者からよく聞くようになったのが、「意識高い系」の逆。すなわち、「意識低い通馬桶」の増殖です。「意識高い系」は男子学生が中心で女子学生にもそれなりにいる、とされていました。この「意識低い系」はその大半を男子学生が占めています。