通水管|スマホ普及で“PC使えない”学生増加

新学期に向け、若年層向けのパソコン(PC)商戦が活況を呈している。スマートフォンの普及などでPCを使いこなせない若者が多いことを踏まえ、現役大学生の通水管要望をデザインなどに反映させるほか、軽量化や長時間駆動を実現し、堅牢(けんろう)性なども高めた。PC市場の縮小傾向が続くなか、各メーカーは若年層をタ通水管ゲットにした商品で巻き返しを図る。 NECレノボグループのNECパーソナルコンピュータのノートPC「ラヴィ ノートモバイル」(税別想定価格、通水管0万4800円前後~)は、企業と商品企画などを行う大学生コミュニティーとのコラボレーションで現役女子大生の要望を反映した。 教室やカフェのイ通水管テリアに合うよう、パールホワイト、アクアブルー、パールブラックの3色をそろえた。11.6型で重さ約904グラム、B5サイズのクリアファイル並みのコン通水管クト化を実現し、持ち運びにも便利だ。 富士通のノートPC「ライフブック UH75/B1」(税別ウエブ販売価格、18万9800円)は13.3型通水管重さ約777グラムの軽量化、「UH90/B1」(同19万9800円)は約17時間の長時間駆動を実現。「通学の際、揺れる自転車のかごに載せるとPCが壊通水管やすい」(担当者)ため、加圧、落下試験を重ねて頑丈にした。 このほか、東芝の「ダイナブック RZ83/C」(税別通常価格、17万6000円~通水管は13.3型で薄さは17.2ミリ。米インテルの「第7世代コアプロセッサー」を搭載し、高い処理性能で理系の研究や動画、画像編集などに向いている。通水管 NECパーソナルコンピュータが昨年末に大学生約800人を対象に行った調査では、7割以上がPCをうまく使いこなせているか自信がないと回答している。