通水管|稀勢の里、激痛1敗!

大相撲春場所13日目 ○日馬富士(寄り倒し)稀勢の里●(24日・エディオンアリーナ大阪)【写真】鶴竜を寄り切りで破り1敗を守った照ノ富士通水管 横綱・稀勢の里(30)=田子ノ浦=が休場の危機に追い込まれた。結びで横綱・日馬富士(32)=伊勢ケ浜=に敗れて初日からの連勝が12で止まり、昇進後通水管黒星。寄り倒された後に土俵下に左肩から転落し、大阪市内の病院へ搬送された。患部は左肩から左胸あたりで長期離脱の可能性もあるが、本人と師匠の田子ノ浦親方通水管元幕内・隆の鶴)は出場の可否を明言せず。全勝街道をまい進していた新横綱の状況が一気に暗転した。 苦痛でゆがんだ表情に場内が騒然とした。日馬富士通水管一気に寄り倒された稀勢の里が起き上がれない。左胸を押さえ土俵に上がろうとしたが、痛みで顔をゆがめ片男波審判(元関脇・玉春日)に背中から覆いかぶさった。通水管0秒…30秒…。最後は土俵に上がることを諦め、呼び出し3人に支えられて西の花道の奥へ消えた。 右手で左腕を固定するようにして引き揚げてきた支度通水管部屋では、荒い息づかいとともに「アァ」という声を漏らした。報道陣の問いかけにも応じず、風呂場から出ると到着した医師の診察を受け左腕を三角巾で吊った。駐通水管場で迎えを待つ間も報道陣の脚立を借りて座るほど。救急車で大阪市内の病院へ搬送されたが、頑丈な横綱らしからぬ光景に誰もが言葉を失った。 対戦した通水管馬富士は取組中での異変について「お互いそんなに(けがをするような)余計な動きはしていないけどね」と首をかしげた。支度部屋で診察した医師によると、稀勢の通水管は「動かない。痛みがあって動かすのが怖い」と言っていたという。病院に連絡した医師は「肩から落ちて肩が動かない」と伝えたが、大胸筋断裂の可能性もある。