通水管|<豊洲市場>小池知事「旗印にせず」都議選争点トーンダウン

東京都の築地市場(中央区)から豊洲市場(江東区)への移転問題について、小池百合子知事は24日、市場の経済性などを検通水管討する全庁組織「市場のあり方戦略本部(仮称)」を設けると定例記者会見で発表した。経済性を新たな判断材料とする作戦だ通水管が、「先延ばし」との批判も上がる。会見では7月の都議選で移転問題を「旗印には考えていない」と述べるなど、トーンダウ通水管ンした。【図解】東京都議会の勢力図 小池氏は、豊洲の安全性や安心面の検証を待って移転可否を判断する通水管とし、都議選での争点になるとしてきた。だが、外部有識者の専門家会議は19日、「科学的に安全」と強調。小池氏も都議会通水管築地との違いを自民党に追及され、「(豊洲は)法的には(基準を)カバーしている」と認めるしかなかった。都関係者による通水管と、小池氏の側近らが「安全よりも事業継続性を争点にすべきだ」と議論の転換を進言したという。 都の試算では、通水管開場時の豊洲の維持管理費は年間77億円で、築地は同16億円(2015年度)。ただ、移転延期による市場業者への補償が通水管3月までで50億円を見込むなど、経費がかさむ。戦略本部では築地での再整備費や両市場の売却益なども検証するが、小池氏通水管の判断時期は不明だ。都議会自民党の高木啓幹事長は同本部について「(判断の)先延ばし以外に考えられない」と批判した