読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|神戸・連続児童殺傷20年

1997年に神戸市須磨区で発生した「連続児童殺傷事件」で、当時14歳だった加害男性(34)の両親が、神戸新聞の書面インタビューに応じた。今年で事件通水管から20年。男性からは「たまに連絡が入る」が、直接は会っていないとみられる。一方、男性が2015年に遺族らに知らせることなく出した手記「絶歌」につ通水管ては「出版にいたるまでの順序が間違っていると思いました」として遺族らに謝罪した。 両親側の代理人を通じて2月下旬に申し込み、25日までに便通水管ん2枚で回答が寄せられた。両親が神戸新聞の取材に応じたのは初めて。 男性から連絡がある場合、その内容も尋ねたが、回答はなかった。ただ「本人通水管自身が私たちに会いたいと思う気持ちになるまで、待ち続けたい」とも記し、長期間にわたり、直接会っていない様子がうかがえた。 手記については、通水管件後に収容された関東医療少年院(東京都府中市)を出てからの様子などが分かったとする一方、「被害者、ご遺族の方々には大変申し訳なく思っています」と記通水管た。 遺族らへの気持ちでは「年月が流れるにつれ、怒り、悲しみ、悔しさ、憎悪が増していると思っています」「私たちが生きている限り、ご冥福を祈通水管りながら償いをさせていただきたい」と謝罪の言葉を繰り返した。(神戸連続児童殺傷事件20年取材班) 【神戸連続児童殺傷事件】1997年2月、通水管戸市須磨区で小6女児2人が頭部を金づちで殴られ、3月16日には小4の山下彩花ちゃん=当時(10)=が頭部を金づちで殴られ、1週間後に死亡。同日、小通水管女児も腹部をナイフで刺された。5月24日には小6の土師(はせ)淳君=同(11)=が殺害された。兵庫県警は6月28日、殺人容疑などで中3の少年=同