通水管|トランプ大通り誕生=背景に与野党対立

欧州の最貧国アルバニア中部カムザで今月、トランプ米大統領に敬意を表する「通水管トランプ大通り」が誕生した。 カムザ市は昨年の米大統領選直後「民通水管主義の新しい革命的模範だ」と称賛し、トランプ氏を名誉市民にしている。通水管 これらは国政野党自由党所属のムジウ・カムザ市長主導で行われた。国政通水管党社会党はラマ首相をはじめ、1990年代のユーゴスラビア紛争で宿敵セルビ通水管ア人を空爆したクリントン家支持で、先の米大統領選でもクリントン元国務長官通水管応援していた。 カムザ市には他にも「サルコジ通り」「ベルルスコー通水管ニ通り」「パリ通り」「東京通り」などが存在する。トランプ大通りの露天商(通水管2)は「これでトランプ大統領がここに来て、うちのポップコーンを買ってくれ通水管るのか。現実は悪夢なのに、こんな夢だけ見せるのか」と命名を酷評した。